初めてのバイト!面接を落ちた理由と合格するためのコツ

初めてのバイト!面接を落ちた理由と合格するためのコツ

55view

2018.09.16

バイトを落ちた理由

初めてバイトの面接を受けにいって、落ちてしまうとなかなか次へと切り替えるのは難しいのではないでしょうか。そんな場合、まずどうしてバイトの面接に落ちてしまったのかを考みましょう。 まず、1つめの理由としては、履歴書の不備が考えられます。面接をする際に、履歴書は面接を受けに来た人の情報が書かれているので、とても重要なものとなります。

そのため、そんな履歴書に不備があれば、やはりよい判断をすることは難しいのではないでしょうか。 どんな不備が多いのかいくつか例示を上げてみましょう。 例えば、履歴書に写真が貼られていない。面接を受けに来る人が複数いる場合、写真が貼ってないと面接官や採用担当者は本人かどうか判断がつかない可能性があります。

また、履歴書に写真貼付とあるのに、貼ってない場合、きちんとした応募書類をださない、いいかげんな人間などと判断される可能性もあります。 履歴書の間違い訂正をせずにそのまま提出したり、未記入のまま出した場合も同様に、やる気がないと判断されるかもしれません。できるだけ空欄は少なく、きちんと正しい情報を記入して提出をしましょう。 2つ目の理由としては、面接のときの不適切な態度が考えられます。

例えば、面接をする際に、清潔感のない服装やジャージやカジュアルすぎる服装など面接に適切じゃないファッションで行ってしまったことも考えられます。 また、面接のときにきちんと挨拶ができなかったり、言葉遣いが悪かったりすれば、ビジネスマナーがないと考えられるかもしれません。

接客業などの職種によってはそれなりのビジネスマナーが要求されることが多くあります。 3つ目の理由としては、採用担当者に連絡した際のメールや電話での与えた印象の悪さが考えられます。メールの際に、誤字脱字が多かったり、電話の際には声が小さかったり、きちんと内容を相手に伝えられなかったりした場合は、よい印象を持たないでしょう。

受かるためのコツ

上記では面接を落ちてしまった理由をご紹介しましたが、次は受かるためのコツをご紹介します。面接に受かるためのコツは、まず履歴書は不備なく作りましょう。誤字や脱字がないかチェックして、写真もきちんと張付けましょう。できるのであれば、写真もカジュアルな服装ではなく、面接に行くようなきちんとした服装で撮影したものをよいでしょう。面接に行く際には、指定された時間に遅刻せずに行きましょう。

もし電車の遅延や体調不良にて遅れてしまう場合は、面接先にきちんと連絡を入れるようにしましょう。もちろん服装も面接にふさわしく清潔感があり、きちんとしたものにすることをおすすめします。サンダルやよれよれのTシャツ、露出が多かったりする服装はなるべく避けましょう。面接先に行く前に、いったん服装をチェックしてから行くことをおすすします。面接のときには、明るく挨拶をし、マナーある態度で臨みましょう。

さらに、バイトの志望動機については、きちんと相手に伝えられるように事前に整理をするのがよいでしょう。例えば、時給が高いから選んだ、家から近いから選んだなどの後ろ向きな理由ではなく、一人暮らしをしているためなるべく親に負担をかけたくないのでバイトをしたい、勉強をする時間をなるべく多く取りたいから自宅から近くの場所を選んだなどなるべく前向きな理由を述べるほうが相手にはやる気があるように伝わるため、よい印象を与えられます。

ここまでしてもどうしても面接に受からないということもあります。その場合は、募集をしていたバイトのシフトと合わなかったときは採用が難しいので、タイミングが悪かったと切り替えて、次のバイトを探してみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る