バイトが初めての人なら知っておきたいあるあるを集めてみた

バイトが初めての人なら知っておきたいあるあるを集めてみた

67view

2018.09.16

初めてのバイトで注意すべき自分のあるある

出勤時間と同時に到着

初めてのバイトは知らないことだらけです。その職場に特有のことなら当然ですが、働いた経験がないと、社会人一般としての知識が不足していることもあります。そこで注意したいのが、最初の一歩、出勤時間です。10時からのバイトで10時ピッタリに到着というのは、非常に多いあるあるといえます。10時からの契約だから10時に来たというのは、その通りと言いたいところです。

来た瞬間から仕事ができるなら問題ありません。しかし、人によっては仕事に着手するまでのタイムラグがあります。10時で交替する人がいる場合、その人に余計な時間を使わせることにもなりかねません。無駄に早く出勤する必要はないものの、10時には仕事を開始できることが前提です。

タイムカードの打刻を忘れる

不慣れなために、タイムカードを打刻し忘れることも初めてのバイトではあるあるです。最悪の場合、給料がもらえません。

給料日に数字を見てビックリする

初めてのバイトで初めての給料日といえば、わくわくするものです。ところが、明細を見てビックリというのも主要なあるあるのひとつになっています。税金とか保険料とか、採用のときに聞いていたはずです。

積極的な姿勢であてにされる

初めてのバイトでは、自分にできることなら何でもやろうと気負いこむこともあるあるです。その積極的な姿勢がシフトに及ぶと、思わぬ落とし穴が待っているのもあるあるといえます。つまり、この人ならいつでも入ってくれるだろうと、社員からもバイト仲間からもあてにされてしまうのです。無理をすると遠からず破綻します。

同業他社が気になってしまう

初めてのバイトとは、イコール初めての仕事といえます。職業病とまではいかなくても、その仕事に関連するものに興味を持つのも自然な流れで、どこに行っても同業他社や商品が気になってしまう点もあるあるです。これは悪いことではないので、気にする必要はありませんが、程度問題だといえるでしょう。

休みの競合でシフトが組めない

初めてのバイトといえば、学生時代に経験する人が多いものです。大学生の場合、授業や試験の合間にバイトを入れるため、シフト作りが重要になります。希望する休みが競合するためにシフトが組めないとか、早い者勝ちで試験の日にバイトを入れられたというケースもあるあるです。

初めてだからと遠慮していては単位を落としかねません。対策としては、早めに希望を出しておくことと、気合いを入れて交渉することです。駄目なら辞めるのもバイト道といえます。

周囲の動向に要注意のあるある

サービス残業をさせられる

ブラック企業に引き続き、ブラックバイトという言葉まで登場する昨今です。バイトといえども気をつけておかないと大損します。初めてのバイトで「そんなものか」と思ってタダ働きをするというのも、実はあるあるなのです。

社員より偉いバイト

戦力のほとんどをバイトで賄うという職場があります。社員はいても古参のバイトの方が実務に精通しており、どちらが上かわからないようなケースもあるあるです。両者が対立する場合は、遠巻きに見ているのが無難かもしれません。ただ、指揮命令系統でいえば社員が上位であることは間違いありません。争いに巻き込まれそうなら、逃げ出すのもひとつの選択です。

バイトに責任を押し付ける社員

都合が悪いとバイトのせいにする社員の話もあるあるです。長く働いているバイトなら、雰囲気を察知して回避するという技を持っているかもしれません。しかし、初めてのバイトでは、そこまで気が回らないものです。先輩バイトからアドバイスをもらうのもよいですし、先輩バイトの動きを観察してみるのもよいでしょう。

バイトが来ない

昔からのバイトあるあるとして、バイトが来ないというケースは少なくありません。その日、その時間に一緒にシフトに入っているバイトが来ないために、自分の仕事量が増えるのが主な被害です。時間給を上げてくれといいたくなります。

そんな人でも、なかなかクビにはならないことも多く、上級者になると、欠勤しそうなメンバーと同じシフトを避けるようです。初めてのバイトには、楽しいあるあるもたくさんあります。しかし、自分のピンチにつながってしまうあるあるには、十分注意するに越したことはないでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る